比べてみよう!韓国と日本の水光注射の違いとは?

韓国と日本の水光注射は何が違うのか?韓国の方が精度が高いというのはホントか!? - 本場韓国の水光注射とは

本場韓国の水光注射とは

bgtyjtjd

水光注射の本場は韓国です。韓国ではさまざまな美容方法がありますが、水光注射はその中でも意外と普通という認識の治療だそうです。そんな本場韓国ではどのようにして水光注射を行っているのでしょうか。韓国と日本、どちらの治療を受けた方が良いのか比べてみましょう。

日本と韓国の水光注射の違いとは

実は、日本と韓国では水光注射の違いはあまりありません。どちらかと言うと日本人にとっては日本の病院で治療した方がメリットは多くなります。施術の内容は同じなので何故韓国の方がデメリットが多いと言えるのでしょうか。その理由は「海外」というところにあります。
美容だけでなく、さまざまな事情で海外の病院で施術を受けたいという場合、当たり前ですが保険を適用することはできません。そのため通常よりも治療費が高くなってしまうことがほとんどです。海外への移動費や諸費を考えると、日本での治療が一番かもしれません。

韓国の方が精度が高いという噂はホント?

インターネットを見ていると、韓国の水光注射の方が制度が高く効果があるという噂があるようですが、本当のところを言うと、先ほども言ったようにどちらも変わりはありません。
実は韓国でも日本でも機械式の水光注射は同じ機械を使用しているため、替え様もないのですね。使用している薬品も似たようなものがほとんどです。プラセンタやヒアルロン酸など、日本でもメジャーに使われているものばかりです。
あえて違うところというと、場所暗いでしょうか。美容大国と言われる韓国で美容治療を行ったとなればそれだけで効果があるように思えますよね?プラシーボ効果で、いつもより美肌になったと思い込んでいるだけなのかもしれません。日本と韓国、無理をして韓国に行って治療をしてもらうメリットは少ないと思います。

ujtytd

「注射は痛いから苦手…」という人は多いはず。病院で受ける腕への注射や採血などでも針を刺される恐怖というものはなかなか抜けるものではありません。しかし、そんな人でも水光注射を受けられるように麻酔が存在します。想像している麻酔は、医療ドラマなどでよく見る全身麻酔かもしれませんが、美容クリニックで使用する麻酔はクリーム状の部分麻酔です。体内から麻酔をかけるわけではないので、安心して施術を受けてください。

さまざまな場面で使用される麻酔クリーム

美容関係の施術では欠かすことのできない存在が「麻酔クリーム」です。歯科医にかかったことのある人はわかるかもしれませんが、治療する歯の部分だけ麻酔をかけますよね?それと同じことを皮膚にも行うことができるのです。
麻酔クリームは痛みを伴う可能性のある美容施術で多いに役立っています。一番有名なのは脱毛でしょうか。脱毛の際にはどうしても強い痛みが発生してしまいますが、この麻酔クリームを塗布することで、痛みを感じさせないようにすることができるのです。

麻酔クリームの効果

水光注射を行う際は大抵麻酔クリームを薦められます。これは施術が痛いから、というわけではありません。水光注射自体はあまり痛みを感じないように施術をしていますが、やはり顔面に針を刺すということに抵抗があり、それだけで痛みを感じやすくなっている上、普段針などの強い刺激を受けることがない部分ですので、できるだけ麻酔クリームを塗布することを薦められます。病院によって変わりますが、麻酔クリームが有料である場合もありますので、プランや料金設定などを熟読して、自分にあった施術方法を見つけてください。麻酔クリームには基本的に副作用などもないので、気軽に使用できるはずです。

更新情報

2015/11/19
本場韓国の水光注射とはの情報を更新しました。
2015/11/13
美容クリニックの選び方についてを新規投稿しました。
2015/11/12
水光注射をした後はメイクできない?を新規投稿しました。
2015/11/11
価格を知って長くつきあうを新規投稿しました。
2015/11/10
メリットがあればデメリットもつきものなのかを新規投稿しました。
ページ上に戻る